便秘解消にお茶と水の正しい選び方と飲み方

便秘解消を実践するに当たり重要とされる要素として水分補給があげられますが、方法を間違えると逆効果になる例も少なくはないため、便秘のメカニズムと改善方法を知っておき適切なやり方で改善を目指すべきです。
まず、利尿作用の強いお茶やコーヒーを始めとしたカフェインを含む飲料は便秘解消へ適しておらず、多量に飲むと便秘を悪化させる原因にもなることから避けるべき選択肢といえます。
便秘を改善するには便を硬くしすぎないような配慮が重要で、排泄作用を妨害しない飲み物選びが欠かせません。
 
利尿作用を起こさない飲料としては真水やミネラルウォーター・一部を除く清涼飲料などが有効で、補給を意識する場合は冷やしすぎず時間を掛けて飲むのが効率的な一方で、腸へ刺激を与えたい状況下においてはやや冷えたものを飲む選択も効果が見込めます。
また、お茶の中には麦茶のようにカフェインを全く含まないか、緑茶や紅茶と比べて少量しか含んでいない種類も存在し、どうしてもお茶が欠かせない人はこれらを選んでおくと便秘解消に役立つ結果となります。
 
麦茶を除いた代表的なお茶の種類としては紅茶や玉露入りの緑茶・烏龍茶・番茶などが該当し、紅茶と玉露入りの緑茶はカフェインの含有量が特に多く、便秘を悪化させないように注意が求められます。
番茶や玄米茶はカフェインの含有量が玉露入り緑茶の1割程度であるため、一度に飲みすぎなければ水分補給として十分な機能を見込めます。
参照サイト